イギリスの庭から

grassseed.exblog.jp
ブログトップ
2007年 08月 31日

Oちゃんの根性

ちょっと事情があって、夜ゴハンをOちゃんと二人で食べました。
現地校に通う6歳の女の子、ワンちゃんのお姉ちゃん的存在です。
パパのお仕事の都合で、去年の春にイギリスへ来て
一ヵ月後から現地の幼稚園に入園。
今では私たち駐在員とその家族の誰よりも、ネイティブな英語が話せるバイリンガルです。

二人でペンネのパスタを茹でて、大好きなトマトソースをたっぷりかけて
ほうれん草のサラダはあまり好きじゃないからちょっとだけにして
向かいあって座って、楽しいディナータイムの始まりです。

私  「ね~ぇ。学校でおともだちや先生が話してるの聞いてて
    分からない言葉があるとき、どうするの?」
O  「分からなくないよ。みんな分かるよ。」
私  「そうかぁ。‥‥いいなぁ。
    私なんか分からないときがいっぱいあって
    すご~く困っちゃうんだよ。」

そしたらOちゃん、握っていたフォークを置いて、私に向かって教えてくれました。

O  「あのね、髪の毛をこうやって耳の後ろにかけて
    よーく聞こうとして耳をすますと、聞こえてくるんだよ。
    それから、Oちゃんは英語を話す、英語を話す、って強く思って
    がんばって話すと、英語が話せるようになるよ。」

両手で髪の毛を耳の後ろにかけて、説明してくれました。

私  「その、髪の毛を耳にかける方法って、誰かが教えてくれたの?」
O  「ううん。Oちゃんが自分で考えたの。」



今はお友達もいっぱい出来たけれど
はじめのうちは学校へ行きたくなくて、日曜の夜は毎週泣いてたOちゃん。
クラスメートも、先生も、自分以外だれも日本語を話さないところなんて
行きたくなくて当たり前だったよね。
それでもママとパパに見守られながら、負けないでここまで来た。

子供は耳がいいから語学の習得が早い、とか
幼稚園で遊びながら自然と体得できる、とか言われているけれど
そうじゃない。

Oちゃんが、がんばったんだね。

d0104270_92890.jpg

[PR]

by grass-seed | 2007-08-31 23:59 | 日々の暮らし


<< 秋だビールだホップ祭りだ      朝起きたら、夏が終わっていた >>