イギリスの庭から

grassseed.exblog.jp
ブログトップ
2008年 03月 23日

腹持ちいい毎日

帰国することが決まってから、家にある食材を食べつくすプロジェクトが始まり
新しく購入することなんてもってのほかで
たとえ白米が無くなっても、もち米が余っているならそれを食べなければならないのです。

そんなわけで、「もち米な毎日」☆

飽きますね~コレ。
白米とのバランスを考えて、しばらくは「おこわな毎日」が続いていたのですが
ついに白米が底をつき、以来、アゴを鍛えるごとくスティッキーなご飯を噛み続けています。
食べ終わったときの何ともいえない満腹感。罰ゲームみたいです。

でも、昨日はどうしても普通のごはんが食べたくなったので
近所のお手軽なチャイニーズに行きました。
d0104270_19555430.jpg
大碗麺 TAI WON MEIN  日本語で 「大盛り」 と書いてあります。
バーミセリのような細めん、きしめんのような平べったい麺、卵麺‥などの麺類と
炒飯やあんかけなどのご飯ものと、やきそばと、ギョーザや春巻きなどのアラカルト‥などなど。
食べきれないような大盛りで、一品あたり3~4ポンド程度というお手軽さ。
おいしくて安くて、予約なしでもいつでも行ける気軽さで、本当に重宝したお店です。
チェーン店で、ロンドンにもグリニッジなどにあります。ロンドン在住の方、ぜひ。 お薦めです。
ここの店舗はちょうど私たちがイギリスへ来たのと同じ時期にオープンして
4年間に何度お世話になったか数え切れません。
今ではお店に入ると、夫のサッポロビールと私の中国茶が、注文しなくても勝手に出てきます。
d0104270_20233156.jpg
こちらのお店とも、多分これが最後のお別れです。
昨日は店長さんに帰国のことを話して、スタッフが着ている「大盛りTシャツ」を売ってくれないか聞いてみました。

「ダメなんだよ。コレはボクたちスタッフだって2枚ずつしか持ってないんだから!
なかなかいいデザインだろ。特にこの背中の『大盛り』って字がカッコいいんだよねー」




「大盛り」があるのは駅に近い商店街で、街並みも家の造りも独特です。
利便性と家の広さが反比例するのは、どこも同じですね。
d0104270_20161542.jpg
d0104270_20105792.jpg


おまけ。「大盛り」の斜め前にあるお店。
d0104270_20174095.jpg

EEL は「うなぎ」です。うなぎパイ島? けっこう混んでました。
[PR]

by grass-seed | 2008-03-23 11:21 | 我が家の場合


<< 晴れ女の神頼み      WE LOVE FOOTBALL >>