カテゴリ:鉄道( 16 )


2008年 03月 17日

鉄ちゃん

d0104270_2021042.jpg
夫のSL友達 バートさんと、ガールフレンドのアイリーンさんのところに遊びに行きました。
昨日はじめてバートさんに年齢を伺ったのですが、なんと78歳。もっとお若いかと思ってました。
車も自転車もバイクもSLも運転する、元気なイギリス人おじいちゃんです。
d0104270_20251752.jpg
d0104270_20261281.jpg
バートさんのお宝が出てくる出てくる‥。
夫の血圧が心配になった一日でした。
[PR]

by grass-seed | 2008-03-17 11:32 | 鉄道
2007年 12月 09日

エブスフリート駅レポート 暴風雨バージョン

片道3,357円で(嬉しいから何度も言わせて) パリへ行く予定の日が近づいてきたので
Ebbsfleet 駅へ下見に行ってきました。
えぇ、ヒマです。
d0104270_21233211.jpg
がら~ん。
d0104270_21274213.jpg
し~ん。
d0104270_21285410.jpg
ひゅーるりーらら~。
↑ チェックインしないとホームには降りれないので、2階ロビーから窓越しに撮りました。見づらくてすみません。
激しい雨と吹き荒れる風の音だけが、ツルピカな新駅に寒々と響き渡ります。
お、お客がいない‥。大丈夫なのか‥。

ちょうど行った時間帯はダイヤがなかったせいで、利用客らしき人は一人もいませんでした。
私たちのように冷やかしに来た鉄ちゃんが数名いるだけ。
d0104270_21335966.jpg
改札前には、新車両が展示されています。
d0104270_21383353.jpg
d0104270_21385547.jpg
運転台も窓越しに撮影。ぼわ~っと映り込みが入ってしまいました。

11月19日のオープン日に見に来たとき、帰りに逆走してしまったのですが
一度失敗しているにもかかわらず、今回も危うく間違いそうでした。(夫が運転していたのに)
駅の周りを囲むようにある駐車場の、案内が不親切でとても分かりにくいと思います。
まぁでも逆走しても、対向車が少ないので大丈夫です。

エブスフリート駅 駐車場 耳より情報
駐車場の数はとても多く広々しているのですが、広すぎて駅まで遠く
さらにすべて屋外なので、今回のような悪天候ではかなり雨に濡れることになります。
一人の場合、荷物をドロップするわけにもいかず‥。
今回見てきた感じでは、最も雨に濡れないで済みそうな駐車場は Car Park C のようです。
A2 から案内どおりに Ebbsfleet International へ進み
Eurostar Passengers に入りますが、その次の「Car Park は左折」という案内は無視して
Domestic Station ( Northfleet )の方へずっと進んでいくと
(案内が少ないので不安になりますが頑張ってください?) Car park C に入れます。
d0104270_2216283.jpg
Car Park A,B から駅まではこんな感じ。遠いです。

ところで。
雨の降る日にエブスフリート駅まで車で行って利用する人で
日本語が読めてこのブログを見てくれる人、が
世界中にいったい何人存在するのだろうか、というのが問題です。
[PR]

by grass-seed | 2007-12-09 13:14 | 鉄道
2007年 11月 20日

エブスフリート駅オープン記念ボツ写真レポート

11月19日、ユーロスターの新駅エブスフリートがオープンしました。
行くつもりはなかったのですけれど、偶然近くを通りかかって
やはり素通りはできませんでした。
d0104270_1853028.jpg
目的地は直進なのに、少しずつ左車線に引き寄せられていくワタシ。
時間ないんだけどなぁ‥。あぁ車が勝手に‥。
d0104270_1881014.jpg
せっかく来たのに車から降りもせずに撮ったので
残念な写真です。
駅はガラス張りの、直線を強調したモダンなつくり。
二つのテレビ局のロケと、カメラを持ったたくさんの鉄ちゃんたちがいました。
急いでぐるっと一周して、最後に一枚。
d0104270_18134625.jpg
これも残念な写真。線路は下を走っています。

このあと、一般道に戻ろうとしたのですが
私の前を走っていた2台と、後ろの1台(私を含めて計4台)が
出口の案内を見落として、気がついたら逆走していました。
対向車が来なかったことに心から感謝しています。
もっと大きな案内板が必要だと思います。きっとそのうち出来るでしょう。

いずれにしても、時間のあるときに改めて行ってきます‥。
[PR]

by grass-seed | 2007-11-20 09:18 | 鉄道
2007年 11月 07日

ナンだね、今の音は

森の中にひっそりと佇む小さな駅
d0104270_194021.jpg
「そろそろ発車したいんだけど、どうする?乗る?」
「あ、乗りません。」
「オッケー。じゃ、またね。」
d0104270_1955061.jpg
シグナルボックスが公開されていたので中に入り、写真を撮り
d0104270_196238.jpg
プラットフォームをぐるっと一周したら
d0104270_1975169.jpg
さっきの列車が、もう帰ってきました。なんて短い路線。
The Lavender Line  ←開くと汽笛がぽーっと鳴るので、職場で見ている方(夫)ご注意ください。
[PR]

by grass-seed | 2007-11-07 10:18 | 鉄道
2007年 09月 24日

幸せのごま塩トリオ

Mid Hants Railway Watercress Line に乗ってきました。
d0104270_155455.jpg
鉄道の写真はいつも似通ってしまうので、たまには本体じゃなく車窓からの景色を選んでみました。


21日~23日、秋の「スチームガーラ」が開催されていて、いつもの4つのエンジンのほか
North Yorkshire Moors Railway からのゲスト機関車なども走ります。
ノースヨークシャームーアと言えば、ちょうど一年前に訪れた鉄道で
山間を走っていく際にエンジンの音がなんとも言えず美しく反響する
今まで乗った中では「音を聞くならここが一番」のマイベスト鉄道。
Goathland か Levisham か忘れてしまったのですが、その駅で聞くSLの音は
本当に素晴らしかったです。←なのに駅名忘れてます。

でも、昨日は計画的に時刻表を見て行ったわけではないため(毎度) 
残念ながらゲスト機関車には会えず、いつものエンジンしか見かけませんでした。
d0104270_111259.jpg
d0104270_1135142.jpg
Alton 駅にて。左は在来線。右は珍しいエンジンの重連。あまり見かけないのでラッキーでした。
客車が特別多いわけでもないので、おそらく回送のためだと思います。
そんな2台の蒸機(と在来線)を、なんとか一枚の写真に収めようと必死で撮影している私の前で‥
d0104270_1173777.jpg
機関士さんに話しかけてニコニコしながらスルッと乗り込んじゃってる夫を発見‥。
世界共通の「鉄道語」で会話が弾んでいるようです。こんな笑顔、見たことないわ。
d0104270_1362636.jpg
Ropley 駅の shed が増築されていました。中から視線を感じたので寄ってみましたら
d0104270_1281791.jpg
あら☆

d0104270_129296.jpg
一見ゆったりと優雅なSLの旅ですが、実際はこの通り。
窓からポロポロと石炭の黒いつぶが降ってきて、私も夫もワンちゃんも「ゴマ塩ふった?」 みたいな顔になります。
[PR]

by grass-seed | 2007-09-24 17:54 | 鉄道
2007年 08月 28日

ぶどうのチカラと 甦る車両

エキサイトブログを長く続けていらっしゃる方の「以前の記事」 のところに 
〇〇年〇月
〇〇年〇月  
〇〇年〇月  
more ‥

というふうに表示されていることが多く
この、more ‥っていうのがすっごくカッコよくてまぶしくて
私がブログを始めたころは、「moreコンプレックス」って感じで憧れていました。

でも、おかげさまで私のこんなブログも当初の思惑より長く続きまして
さらにまだしばらくは続くことになりそうでして‥

そろそろ、この、more ‥ ってのを入れようかな
いつ入れようかな
何ヶ月分の表示にしようかな
ぐふ、ぐふふ、ぐふふふふ。

と密かにときめいております。
あぁ。照れるなぁ。


「イギリスの庭から」
これからもどうぞよろしくお願いいたします。


d0104270_19185651.jpg

昨日はバンクホリデーで夫が休みでしたので
ワインヤード Biddenden Vineyards に行ってきました。
d0104270_19221152.jpg
まだまだ小粒ですが、栄養や美味しさがぎゅーっとみっちり詰まっている様子は
なんだか気が強くてエネルギーにあふれている思春期の青年、といった感じがしました。

そのあとは、近いのでやっぱり素通りできなかったKESR のTenterden Town駅へ。
昨日はshed (作業所のような建物)の公開日でした。
こんな朽ち果てたオンボロ車両が、ボランティアの皆さんの情熱と技術によって
d0104270_19281899.jpg
腐食した金属は新しく補修され
d0104270_19295667.jpg
ゆがんだドアも削ったり補ったり
d0104270_19495340.jpg
d0104270_19322181.jpg
ていねいにお化粧直しされて
d0104270_1933457.jpg
こんなに美しい姿に甦ります。
この車両は百年以上も前の、ロンドン地下鉄DistrictLine を走っていたもの。

何度も修理をくり返しながら、大切に使われています。
まだまだ、元気です。
d0104270_19513776.jpg

[PR]

by grass-seed | 2007-08-28 11:58 | 鉄道
2007年 07月 31日

ウェールズ旅行 鉄分多めに

保存鉄道の多いウェールズへ、7泊8日の旅をしてきました。
北西の狭いエリアに的を絞って、毎日スチームの香りにむせながらノリノリに乗ってきました。

d0104270_735356.jpg
d0104270_7452480.jpg
Llangollen Railway






d0104270_7524424.jpg
d0104270_755133.jpg
Bala Lake Railway






d0104270_852722.jpg
Talyllyn







d0104270_8124310.jpg
d0104270_813576.jpg
Rheilffordd Ffestiniog Railway




d0104270_8224428.jpg
d0104270_823635.jpg
Welsh Highland Railway (Caernarfon)





d0104270_828223.jpg
d0104270_8282931.jpg
Llanberis Lake Railway




d0104270_836481.jpg
d0104270_8362939.jpg
Snowdon Mountain Railway



そして最後に路面電車 Great Orme Tramway に乗ってきました。
d0104270_851134.jpg
d0104270_8524058.jpg
d0104270_853553.jpg



以上。2007年夏のウェールズ旅行でした。



‥‥あまりにも写真の数が多くて
ちゃんと旅行記のように整理する気力が失せている様子が
伝わりましたでしょうか。
[PR]

by grass-seed | 2007-07-31 01:04 | 鉄道
2007年 07月 09日

旅してきました

d0104270_16551580.jpg

金曜の夜ゴハンのあとで、急に思い立った週末旅行。
深夜にネットで宿探し&予約したという、極めて計画性のない旅行です。
なので近場で、Swindon ~ Oxford ~ Didcot を、鉄を交えながらドライブしてきました。
d0104270_1701159.jpg
The Swindon & Cricklade Railway


d0104270_1742336.jpg
d0104270_18403365.jpg
Didcot Railway Centre



もちろん、この方も一緒です。
保護色&ちっちゃい。
この存在感はもはや「虫」に近い‥いやいや、そんなことないです。
d0104270_1838209.jpg



途中のドライブは、わざと細い道に入って小さな集落を散歩しました。
d0104270_1791265.jpg
こんな感じの道をくねくねと進んでいくと
d0104270_17101748.jpg
こんな感じのラブリーなおウチが
d0104270_17112319.jpg

d0104270_17114912.jpg
こんな感じでフツーに建ち並んでいます。
英国旅行は、観光地もいいですけど 「こんな感じ」 もいいものです。


それにしても‥
金曜までは雨や強風で、今日(月曜)も朝から曇り。
アタシってホント晴れ女だわ。きっと全ての運気をここに使ってるんだわね。

d0104270_17172831.jpg

[PR]

by grass-seed | 2007-07-09 09:22 | 鉄道
2007年 07月 01日

久しぶりの蒸機

ピカデリーのテロから2日、グラスゴーからは1日が経過して
すでに5人の犯人が逮捕された模様。
イギリスは街のいたるところにCCTVが設置されているせいか
犯人の割り出しと検挙がとても早いような気がします。
おととしのテロのときなんて、ロンドンの雑踏の中から犯人を割り出して
信じられナ~イ!ってビックリした記憶があります。
そんなニュースに続いて、Lindsayさん殺人事件の犯人が未だ捕まってなくて
警察が市民にポスター配ってる映像なんかがBBCで流れたりして‥うーむ‥。

その他では、テロが起きる数日前からイングランドで激しい雨が続いていて
Sheffieldではひどい浸水の被害が出ています。
道路も家の中も茶色い水で溢れかえっていて
なんか‥英国‥ボロボロです。

そんな中、我がまちKentでは雨もたいして激しくなく
建物の入り口付近では愛煙家の方々が神妙な面持ちで一服されているし
ティナのHappy50thもきっとアバのDancing Qeenあたりで盛り上がったと思われ
おかげさまで、今のところ静かな日常を送っております。
私たちはロンドンへ出かけるのはさすがに自粛しまして
その代わり久しぶりのSLに乗ってきました。
d0104270_815747.jpg

Kent & East Sussex Railway
Tenterden からBodiam まで、45分の旅です。
d0104270_813098.jpg

d0104270_8135973.jpg


終点 Bodiam からBodiam Castleまでは歩いて5分程度の距離でした。
d0104270_8251257.jpg
d0104270_8294668.jpg


帰りの車内で。ワンちゃんを見てビックリする女の子。
d0104270_8315911.jpg
d0104270_8322665.jpg



こんなに静かで心穏やかな時間を過ごせることを
改めて幸せに思った一日でした。
自分の命を惜しまず爆破装置を背負っていくなんて、悲しすぎます。
[PR]

by grass-seed | 2007-07-01 23:59 | 鉄道
2007年 04月 11日

ワイト島 3日目

ごく一部のみなさま、お待たせいたしました。鉄道ネタ満載でまいります。

3日目はワイト島を走る二つの鉄道に乗りにいきました。
まずは Isle of Wight Steam Railway  Havenstreet 駅から乗車して
東の終着駅 Smallbrook Junction 駅へ。ここで Island Line に乗り換えます。


d0104270_353243.jpg
車両はチューブのお古ですが、昔の相鉄線を彷彿とさせるボディペイントがワクワク感を盛りたてます。
北の終着駅 Ryde Pier Head 駅まで3駅9分間の旅。吊り掛け式の音に、夫ウットリ。


d0104270_4143398.jpg
Pier というだけあって、鶴見線の海芝浦を彷彿とさせる、海に浮かぶ桟橋の駅です。
ここから Portsmouth Harbour へ渡る船 Wight Link が出ています。


d0104270_4325671.jpg
鉄オタおじいさんより一足早くベストポジションを取った夫。
撮影を楽しんだ後、今度は南の終着駅 Shanklin 駅まで7駅24分間をエンジョイして
再び Smallbrook 駅から SL に乗ります。
全部で4駅しかない路線を、ひとつの機関車が往復しています。
しばし、画像のみでお楽しみください。 BGM 「世界の車窓から」


d0104270_4384149.jpg



d0104270_4465412.jpg



d0104270_4493879.jpg



d0104270_728513.jpg



d0104270_451185.jpg



d0104270_45327100.jpg



d0104270_4585189.jpg



お天気にも恵まれて、とても贅沢な時間を過ごすことができました。
帰りは島の最東端 Bembridge へ寄り道。

d0104270_572388.jpg
右奥の黒いかたまりは、ヒツジのようなヤギのような、牛より小さい動物の群れ。あれはナンだったんだ?

d0104270_517738.jpg
長いこと海からの風に吹かれて、こんな形になっちゃったのね。


気づいたらお昼ゴハン食べるの忘れてた!
それくらい楽しい一日だったね、ってことで、まさかの21時消灯でした。
明日は最終日です。早く寝よう。早すぎか。
[PR]

by grass-seed | 2007-04-11 21:28 | 鉄道